元厩務員の経歴を持つ敏腕記者・スポーツニッポンの田井秀一氏が4日、netkeibaTV『前走から一変! 好調馬体チョイス』に出演。10日(日)に阪神競馬場で行われる阪神ジュベナイルフィリーズ(2歳牝・GI・芝1600m)出走馬の中から、馬体や状態が大きく変わってきた好走期待馬について解説した。

 田井氏はカルチャーデイやサフィラの名前も挙げたが、サウジアラビアRCで2着のボンドガール(牝2、美浦・手塚貴久厩舎)を真っ先にピックアップ。父ダイワメジャー、母コーステッドという血統背景をポイントに挙げ、「2歳GIにはもってこいの配合。筋肉量の完熟度は今回のメンバーでは群を抜いている」と話した。

 兄ダノンベルーガとの共通点については、「シルエットはまるで違いますが」と前置きしつつも、「バネ感のある後肢の作りは瓜二つ」と説明。「(兄よりも)牝馬のボンドガールのほうが脚長で、よりトップスピードでの爆発力には長けているはず」と述べ、「阪神JFで求められる早熟性と瞬発力の両方に長けた好馬体だと思います」とまとめた。



【関連記事】