7日、大井競馬場で行われた第15回勝島王冠(3歳上・重賞・ダ1800m・1着賞金2200万円)は、中団から直線外を通って脚を伸ばした西啓太騎手騎乗の5番人気サヨノネイチヤ(牡4、大井・坂井英光厩舎)が、2番手から4角で先頭に並びかけた1番人気ライトウォーリア(牡6、川崎・内田勝義厩舎)を差し切り、ハナ差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分54秒2(良)。

 さらに2馬身差の3着に6番人気ロードレガリス(牡8、船橋・岡林光浩厩舎)が入った。なお、2番人気スワーヴアラミス(牡8、大井・荒山勝徳厩舎)は5着に、3番人気ランリョウオー(牡5、浦和・小久保智厩舎)は6着に終わった。

 勝ったサヨノネイチヤは、父ダノンレジェンド、母オムスビ、その父オレハマッテルゼという血統。3代母はウラカワミユキで、本馬はナイスネイチャの近親となる。5連勝で初重賞制覇。通算成績は12戦10勝、2着2回となった。

【勝ち馬プロフィール】
◆サヨノネイチヤ(牡4)
騎手:西啓太
厩舎:大井・坂井英光
父:ダノンレジェンド
母:オムスビ
母父:オレハマッテルゼ
馬主:吉岡 泰治
生産者:木村牧場

【全着順】
1着 サヨノネイチヤ 5人気
2着 ライトウォーリア 1人気
3着 ロードレガリス 6人気
4着 デュードヴァン 7人気
5着 スワーヴアラミス 2人気
6着 ランリョウオー 3人気
7着 ギガキング 4人気
8着 カイル 13人気
9着 デュープロセス 12人気
10着 コスモポポラリタ 14人気
11着 ミヤギザオウ 9人気
12着 エブリワンブラック 15人気
13着 マンガン 11人気
14着 リベイクフルシティ 10人気
15着 カジノフォンテン 8人気