21年のチャンピオンズCなど、GI/JpnI・3勝を挙げたテーオーケインズ(牡6、栗東・高柳大輔厩舎)が8日、JRAの競走馬登録を抹消された。なお、同馬は北海道日高郡新ひだか町のアロースタッドで種牡馬となる予定。JRAが同日、ホームページ上で発表した。

 テーオーケインズは父シニスターミニスター、母マキシムカフェ、母の父マンハッタンカフェという血統。叔母に16年のレディスプレリュードを制したタマノブリュネットがいる。

 19年10月にデビューし、以降ダートの中距離戦で勝ち星を量産。20年11月の摩耶Sを勝利してOP入りを果たすと、21年には名古屋城S、アンタレスS、帝王賞と3連勝して一気にダート王者に上り詰めた。同年秋のJBCクラシックは4着だったものの、チャンピオンズCを6馬身差で圧勝。22年には前年の雪辱を果たして、JBCクラシックでGI級競走3勝目を飾った。通算成績は25戦10勝(うち重賞5勝)。

(JRAのホームページより)