【細江純子=コラム『ホソジュンの幸せ馬房』】

◆阪神JFの注目馬たち

 先週のチャンピオンズCは、とれそうでとれない190万馬券。

 いや、とれないか…。

 ただ個人的に悔やまれるのは、配信でも話したのですが、レモンポップはギリギリの距離だと思いながらも、この枠なので中途半端な競馬にはならずレモンポップがハナをきり、ドゥラエレーデのムルザバエフ騎手が2番手となれば、ホープフルSの再現のような2頭とも残る可能性は十二分に考えられると思っていたところも…。

 そう考えると2頭からの総流し3連複はありだった…と。

 競馬にタラレバは禁物ですが、配当が配当なだけに、ハギノアレグリアスを本命にしときながら往生際の悪い妄想を繰り返すレース後でした。

 さて12月に入り、有馬記念まで残り3週。

 皆さん、今年の収支はいかがですか?

 私はレギュラー番組であるフジテレビ「みんなのKEIBA」で毎週、井崎先生・DAIGOさん・ゲストの方と共に予想&買い目を披露しているのですが、現在-10万程度。

 残り3週で何とかプラス収支にしたいものですが、今週・来週は2歳戦とあって難解。

 初の右回りや中2週、初距離など、軸すら見つけづらいところも。

 また穴馬を見つけて馬券に絡ませないとマイナス収支をプラスに転換できないとスケベ根性が発動してしまいます。

 と言うことで今回、穴馬として馬券の買い目に入れたくなったのは、スプリングノヴァ。

 前走は立ち回りの巧さもあっての勝利ではありましたが、逃げ切ったデビュー戦とは違う内容で勝てたことに加え、輸送競馬と中山で勝利をした点は魅力。

 また394kgと小柄ながらも、前軸が起きており体幹の良さを感じます。

 内目の枠に入り、立ち回りの巧さがいかせる内容となれば、相手は強くなりますが馬券に絡む可能性ありとみて期待します。

 また単騎逃げの可能性がありそうなのがナナオ。他の馬たちが折り合い面に気を配る点も考えると、展開次第では軽視できないようにも…。

 あと阪神コースがプラスとなりそうなのは、ルシフェルとアスコリピチェーノ。

 また現時点でのスピード力を考えると、1400mの方が競馬はしやすい印象ですが、2歳とは思えない体幹力に魅了されるコラソンビート。そしてポテンシャルの高さを感じるステレンボッシュとサフィラに加え、一戦毎に内容が良くなっているキャットファイトあたりまで。ちょっと多めですが、このあたりから軸を選び、幅広く馬券を組み立てようかと現時点では考えています。

 それでは皆さん、また次週お目にかかりましょう。ホソジュンでしたぁ。

(文=細江純子)



【関連記事】