デビュー4年目の永島まなみ騎手が、シルクロードステークス(4歳上・GIII・芝1200m)のトゥラヴェスーラ(牡9、栗東・高橋康之厩舎)でJRA重賞初制覇を狙う。

 永島騎手は21年デビューの21歳。初年度は7勝と苦しんだが、2年目は21勝とジャンプアップ。さらに3年目の昨年は50勝と、年々勝利数を伸ばしている。これまでJRA重賞は6回騎乗して、昨年の新潟2歳Sのルクスノアの4着が最高着順だが、今後は騎乗機会も増えるはず。いずれタイトルに手が届いていい。

 シルクロードSのパートナーは、所属する高橋康之厩舎のトゥラヴェスーラだ。重賞は未勝利ながら、2着が3回、3着が1回ある実力馬。昨年の高松宮記念は3着、昨夏以降の重賞でも4着、6着、4着と僅差のレースを続けているので、明け9歳でも衰えは感じられない。荒れ馬場巧者なので今の京都もぴったり。永島騎手は初騎乗となるが、立ち回り一つで十分にチャンスがあるだろう。

 先週のAJCCでは、チャックネイトに騎乗したR.キング騎手が外国人女性騎手初のJRA平地重賞制覇を達成。藤田菜七子騎手、今村聖奈騎手に続く、JRA所属の女性騎手によるJRA重賞制覇に向けて追い風が吹いている。師匠への恩返しもかかる一戦、その手綱捌きに注目したい。