24日、大井競馬場で行われた第68回金盃(4歳上・重賞・ダ2600m・1着賞金2200万円)は、2番手から3角手前で先頭に立った本橋孝太騎手騎乗の3番人気ランリョウオー(牡6、浦和・小久保智厩舎)が、中団から向正面で先頭に並びかけた1番人気セイカメテオポリス(牡6、大井・渡辺和雄厩舎)とのマッチレースを制し、アタマ差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分52秒9(重)。

 さらに2.1/2馬身差の3着に4番人気ミヤギザオウ(牡5、大井・森下淳平厩舎)が入った。なお、2番人気アンタンスルフレ(セ6、浦和・小澤宏次厩舎)は7着に終わった。

 勝ったランリョウオーは、父パイロ、母ファビラスタイム、その父シンボリクリスエスという血統。昨年のブリリアントC以来の勝利で、重賞5勝目となった。

【勝ち馬プロフィール】
◆ランリョウオー(牡6)
騎手:本橋孝太
厩舎:浦和・小久保智
父:パイロ
母:ファビラスタイム
母父:シンボリクリスエス
馬主:糸井 政三
生産者:桜井牧場

【全着順】
1着 ランリョウオー 3人気
2着 セイカメテオポリス 1人気
3着 ミヤギザオウ 4人気
4着 カイル 6人気
5着 ドスハーツ 8人気
6着 ヴェルテックス 5人気
7着 アンタンスルフレ 2人気
8着 マテリアルガール 9人気
9着 エイシンピストン 11人気
10着 コスモポポラリタ 12人気
11着 マンガン 7人気
12着 トーセンブル 13人気
13着 ゴースト 10人気
14着 カネコメノボル 15人気
15着 アルサトワ 14人気