25日、笠松競馬場で行われた第41回ウインター争覇(4歳上・重賞・ダ1800m・1着賞金300万円)は、好発からハナを切った友森翔太郎騎手騎乗の7番人気セイルオンセイラー(セ5、愛知・塚田隆男厩舎)が、3番人気コンビーノ(牝5、愛知・竹下直人厩舎)を振り切り、クビ差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分54秒6(重)。

 さらに5馬身差の3着に5番人気アルバーシャ(牡6、愛知・今津博之厩舎)が入った。なお、1番人気ナリタブレード(牡7、笠松・森山英雄厩舎)は6着に、2番人気エンジョイリッキー(牡4、笠松・田口輝彦厩舎)は4着に終わった。

 勝ったセイルオンセイラーは、父ドレフォン、母クリムゾンブーケ、その父クロフネという血統。転入後も成績が振るわず今回も7番人気という支持だったが、それを覆して一気の変わり身を見せ逃げ切り勝ち。重賞初制覇となった。

【勝ち馬プロフィール】
◆セイルオンセイラー(セ5)
騎手:友森翔太郎
厩舎:愛知・塚田隆男
父:ドレフォン
母:クリムゾンブーケ
母父:クロフネ
馬主:橋元 勇氣
生産者:ノーザンファーム

【全着順】
1着 セイルオンセイラー 7人気
2着 コンビーノ 3人気
3着 アルバーシャ 5人気
4着 エンジョイリッキー 2人気
5着 ファルコンウィング 6人気
6着 ナリタブレード 1人気
7着 ストームドッグ 4人気
8着 ドラゴステ 8人気