朝日杯FSで8着に敗れたダノンマッキンリー(牡3、栗東・藤原英昭厩舎)が、クロッカスステークス(3歳・リステッド・芝1400m)でオープン初勝利を狙う。

 ダノンマッキンリーは父モーリス、母ホームカミングクイーン、母の父Holy Roman Emperorの血統。母は12年の英1000ギニーの勝ち馬。伯父のDylan Thomasは07年の凱旋門賞やキングジョージVI世&クイーンエリザベスSなど、GI・6勝の歴史的名馬。また、伯母のQueen's Logicは01年のチェヴァリーパークSを制している。この血統が評価されて、一昨年のセレクトセールでは2億2000万円(税抜)の高値で取引された。

 ここまで3戦2勝。昨年9月の新馬(阪神芝1400m)は番手から悠々の押し切り。続く秋明菊賞(京都芝1400m)では一転して中団後ろからの競馬となったが、楽々と差し切ってデビュー2連勝を決めた。しかしながら、前走の朝日杯FSは初のマイル戦も影響したのだろう、好位で折り合いを欠いて失速。初黒星となる8着に終わった。

 今回は春の大舞台に向けて、勝って賞金加算が求められる一戦。現状ではベストであろう、2戦2勝の1400mに戻るだけに言い訳はできない。今度こそは巻き返してくれるはずだ。