先週で中山競馬が終了し、今週から東京開催がスタート。1/27(土)は東京・京都・小倉の3場開催。26日正午の馬場発表は東京、京都、小倉共に芝良・ダート良。27日の天気は東京が晴れ、京都が晴れ時々曇り、小倉が晴れのち曇りの予報となっている。

■白富士Sでロードデルレイの連勝なるか
 東京11Rは芝2000mの白富士S(L)。神戸新聞杯4着で連勝は途切れたが、すぐさまウェルカムSを勝ってオープン入りしたロードデルレイが登場する。世代トップクラスの力を持っていて、ここで連勝なるか。対するは4連勝で臨んだ七夕賞で4着のバトルボーン、前走は接触する不利もあって見限れない、重賞勝ちのあるグリューネグリーンなど。

■クロッカスSでダノンマッキンリーが巻き返す
 東京10Rは芝1400mのクロッカスS(L)。前走の朝日杯FSではマイルで伸び切れなかったが、ダノンマッキンリーが1400mで巻き返す。対するは京王杯2歳Sで2着のロジリオン、同レースで3着のオーキッドロマンス、前走の末脚が目立ったエリカカリーナなど。

■舞鶴Sはクールミラボーなどが中心も混戦模様
 京都11Rはダート1900mの舞鶴S(3勝)。末脚が強烈なクールミラボー、前走の雅Sで2着のバハルダール、前走が9着も見限れないレッドプロフェシーあたりが人気の中心になりそうだが、混戦要素も含んでいる。

■銀蹄Sでバグラダスがオープン入りを狙う
 東京9Rはダート1400mの銀蹄S(3勝)。ダートに替わった前々走で圧勝、前走・シャングリラSで2着のバグラダスがクラス2走目でオープン入りを狙う。対するは2連勝中のプラチナジュビリー、3勝クラスで連続2着のサトノルフィアンなど。

■白梅賞は混戦模様、バーケンティンに注目
 京都8Rは3歳馬による芝1600mの白梅賞(1勝)。7頭立てと少頭数だが、戦績から混戦が予想される。未勝利戦の勝ちっぷりが良かったバーケンティン、ジュニアCで4着のアレンジャー、自己条件で見直したいフルレゾンあたりが好走圏内。

■牛若丸ジャンプSでサクセッションが連勝を伸ばすか
 小倉8Rは障害3390mの牛若丸ジャンプS(OP)。前々走のオープン、前走・新潟ジャンプSと連勝してここへ臨むサクセッションが人気の中心となりそう。対するは前走の新潟ジャンプSで落馬も、それまで3連勝していたフォッサマグナ、屈腱炎から立ち直り、使いながら調子を上げてきたケイティクレバーなど。

■東京5Rの新馬戦に良血馬が揃う
 東京5Rは芝1600mの新馬戦。23年菊花賞を勝ったドゥレッツァの半妹でリアルスティール産駒のディヴァイネスト、14年朝日杯FSを勝ったダノンプラチナの半妹でロードカナロア産駒のミスティカルレイなどが初陣を迎える。

■京都4Rの新馬戦にアレが登場
 京都4Rはダート1400mの新馬戦。シルバーステート産駒で調教の動きが良いアレ、サトノアラジン産駒で調教で動いているメイショウチュラカなどがデビューする。

■石神深一騎手らが節目の勝利までわずか
 嶋田純次騎手はJRA通算100勝まであと3勝で、本日は東京で2鞍に騎乗。石神深一騎手は通算200勝まであと3勝で、本日は小倉で2鞍に騎乗する。