今週からは、関東の開催が替わり「東京・京都・小倉」の3場開催となる。

 重賞は日曜日にGIII戦がふたつ。来月のGIフェブラリーSへのステップともなる根岸S(GIII・東京・ダート1400m)と、先のスプリントGI高松宮記念へとつながる芝短距離の前哨戦シルクロードS(GIII・京都・芝1200m)が行われる。

 今週は根岸Sをピックアップ。いつものように過去10年データから馬券のヒントになるポイントを探っていこう。

1.1番人気は連対率70パーセントと堅調?

 まずはいつものように上位人気の成績を見ていこう。

 1番人気馬は過去10年で5勝と堅実。成績は【5-2-0-3】で連対率70パーセント。馬券軸としてはかなり信用高い。今年はどの馬が1番人気になるのか注目。

 一方、2番人気馬は【1-2-3-4】でこちらも馬券圏内60パーセントという好成績。3番人気馬は【1-2-0-7】で一段落ちる感じである。

 上位3番人気ではない勝利は3回。4番人気1勝、6番人気2勝である。7番人気以降の馬の勝利はない。軸馬として選ぶならば6番人気以内から選ぶのが正攻法となる。

2.今年は再び関西馬圧倒に戻る?

 根岸Sは、東京競馬場開催ながらやたらに関西馬が強いレース。例年、上位3頭がすべて関西馬ということも多いのだ。

 昨年はようやく、関東馬のレモンポップ(1番人気)が1着、バトルクライ(4番人気)が3着と、06年以来なかった馬券圏内に関東馬が2頭以上絡むという事象が起きた。

 それでも過去10年での馬券圏内30頭中、27頭が関西馬というデータ。今年も人気上位は関西馬中心になりそうだが、関東馬はどこまで前進できるのか。

3.枠の内外に内枠有利なし?

 過去10年で勝馬が出ている枠は5つ(2、3、6、7、8枠)。

 しかしこのうち、2、6、8枠は、それぞれ2頭以上の勝馬は出ているものの、2、3着になっている馬がいないという極端な成績となっている。

 割と成績良いのは3枠と7枠。全体的に見れば、さほど枠での有利不利傾向はないといえそうだ。

 ちなみに昨年指摘した馬番の死に目は継続中。馬番4、10、12、16番は相変わらず馬券になれていない。

4.先手取る馬には厳しいレース?

 どうやら根岸Sは逃げタイプには厳しい一戦。過去10年、先手を取った馬はことごとく馬券圏外へと沈んでいる。一番成績良かったのは22年4着に残ったジャスティンくらい。あとはほとんどの逃げ馬が2ケタ着順になっている。

 一方、レースで上がり最速を出している馬は、過去10年で9回馬券圏内キープできている。とはいえ、上がり最速で勝っているのは3頭だけ。ある程度の位置を取れて、そこそこの上がりを繰り出せるタイプが勝利しているのだ。やはりこの距離戦で上がり34秒台を出せる馬は大きな武器を持っていることになるだろう。