2023年度のJRA賞授賞式が29日、都内で開催。昨年のダービー馬で最優秀3歳牡馬に選出されたタスティエーラ陣営は有限会社キャロットファーム黒田真知子氏、堀宣行調教師ら登壇。ドバイSCに予備登録をしていた同馬について述べた。

 同馬は父サトノクラウン、母パルティトゥーラ、母の父マンハッタンカフェの血統。4代母は名繁殖牝馬のクラフテイワイフで、カンパニーやトーセンジョーダンなどが同一族にあたる。22年11月の新馬戦を勝利で飾り、翌年の弥生賞ディープインパクト記念で重賞初制覇。続く皐月賞では2着に敗れるも、日本ダービーを勝利し第90代ダービー馬の座に輝いた。その後も菊花賞で2着とクラシック3戦では連対を外さなかった。

【有限会社キャロットファーム黒田真知子氏のコメント】
「本当に名誉な賞を頂けて、これも堀先生、騎手の皆さま、ノーザンファームの皆さま、会員さま、声援をいただいたすべての方のおかげだと思っております。本当にありがとうございます」

【堀宣行調教師のコメント】
「今はしがらきで春の競馬に向けて乗り込んでおります。厩舎に帰ってきましたらオーナーに相談したいと思います」