2023年度のJRA賞授賞式が29日、都内で開催。最優秀4歳以上牝馬・最優秀マイラーに選出されたソングライン陣営は有限会社サンデーレーシングの吉田俊介氏らが登壇した。

 同馬は父キズナ、母ルミナスパレード、母の父シンボリクリスエスの血統。21年のNHKマイルCではハナ差2着に敗れるも、同年の富士Sで重賞初制覇を飾る。翌年2月にサウジアラビアの1351ターフスプリント(沙G3)を制して海外重賞タイトルも獲得し、帰国2戦目には安田記念を勝利して念願のGI初制覇。23年はヴィクトリアマイルでGI・2勝目を挙げると、勢いそのままに史上3頭目となる安田記念連覇を飾った。また、同一年におけるヴィクトリアマイル、安田記念の連勝は09年ウオッカ以来、史上2頭目の偉業だった。

【有限会社サンデーR吉田俊介氏のコメント】
「4歳の時も安田記念を勝たせていただいたんですが、喉のほうに軽微な問題があり休まなければいけなくて、昨年久しぶりの競馬でサウジもうまくいかなかったんですが、馬が強くなって林先生に調整いただき、ヴィクトリアマイル、安田記念と戸崎騎手を鞍上に、強い競馬をしてくれました。

 11月にノーザンファームへ帰ってきまして、すぐ他の馬に顔を蹴られて怪我しまったんですが、今はすごくきれいに治っていました。早ければ2月から種付けできると思うんですが、馬格は男馬のようで素晴らしく、スピードもありましたので、強いお母さんに似た子どもがうまれたらいいなとおもいます」