27日、小倉競馬場で行われた牛若丸ジャンプステークス(4歳上・オープン・芝3390m)は、2番手から4角手前で先頭に立った上野翔騎手騎乗の4番人気ケイティクレバー(牡9、美浦・清水英克厩舎)が、3番手から脚を伸ばした5番人気サイード(セ5、栗東・角田晃一厩舎)に1馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは3分44秒7(良)。

 さらに1/2馬身差の3着に3番人気サクセッション(セ7、美浦・国枝栄厩舎)が入った。なお、1番人気グレートバローズ(牡7、栗東・辻野泰之厩舎)は4着に、2番人気フォッサマグナ(セ8、美浦・黒岩陽一厩舎)は9着に終わった。

 勝ったケイティクレバーは、父ハービンジャー、母モルトフェリーチェ、その父ディープインパクトという血統。前々走が1年以上の休養明け、前走は64キロを背負いながら4着と好走していたが、地力を発揮してここで約1年7カ月ぶりの勝利を挙げた。

【勝ち馬プロフィール】
◆ケイティクレバー(牡9)
騎手:上野翔
厩舎:美浦・清水英克
父:ハービンジャー
母:モルトフェリーチェ
母父:ディープインパクト
馬主:瀧本和義
生産者:社台ファーム

【全着順】
1着 ケイティクレバー 4人気
2着 サイード 5人気
3着 サクセッション 3人気
4着 グレートバローズ 1人気
5着 ブレッシングレイン 6人気
6着 タイキフロリゼル 9人気
7着 エクスパートラン 13人気
8着 ビップランバン 8人気
9着 フォッサマグナ 2人気
10着 ブリヨンカズマ 7人気
11着 テイエムタツマキ 12人気
12着 ジャディード 11人気
13着 シャイニーズラン 14人気
中止 イベリア 10人気