27日、京都競馬場で行われた白梅賞(3歳・1勝クラス・芝1600m)は、後方から外を通って脚を伸ばした荻野極騎手騎乗の3番人気スマートスピア(牡3、栗東・池江泰寿厩舎)が、最後方から脚を伸ばした1番人気カエルム(牡3、栗東・安田翔伍厩舎)に1.1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分34秒3(良)。

 さらに3/4馬身差の3着に4番人気ヤマニンアストロン(牡3、栗東・石橋守厩舎)が入った。なお、2番人気アレンジャー(牡3、栗東・昆貢厩舎)は4着に終わった。

 勝ったスマートスピアは、父キズナ、母レジェトウショウ、その父キングヘイローという血統。新馬戦に続き無傷の2連勝となった。

【勝ち馬プロフィール】
◆スマートスピア(牡3)
騎手:荻野極
厩舎:栗東・池江泰寿
父:キズナ
母:レジェトウショウ
母父:キングヘイロー
馬主:大川徹
生産者:いとう牧場

【全着順】
1着 スマートスピア 3人気
2着 カエルム 1人気
3着 ヤマニンアストロン 4人気
4着 アレンジャー 2人気
5着 バーケンティン 6人気
6着 ラブディーヴァ 5人気
除外 フルレゾン