27日、東京競馬場で行われた白富士ステークス(4歳上・オープン・芝2000m)は、中団後方で脚を溜めて、直線で馬群を捌いて伸びた川田将雅騎手騎乗の1番人気ロードデルレイ(牡4、栗東・中内田充正厩舎)が、好位のインで脚を溜めて伸びた2番人気バトルボーン(牡5、美浦・林徹厩舎)に1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分57秒2(良)。

 さらに2馬身差の3着に9番人気フライライクバード(セ7、栗東・友道康夫厩舎)が入った。なお、3番人気シルトホルン(牡4、美浦・新開幸一厩舎)は8着に終わった。

 勝ったロードデルレイは、父ロードカナロア、母デルフィーノ、その父ハーツクライという血統。直線は狭くなったが、前が開くと一気に突き抜け完勝。これで6戦5勝となった。

【勝ち馬プロフィール】
◆ロードデルレイ(牡4)
騎手:川田将雅
厩舎:栗東・中内田充正
父:ロードカナロア
母:デルフィーノ
母父:ハーツクライ
馬主:ロードホースクラブ
生産者:ケイアイファーム

【全着順】
1着 ロードデルレイ 1人気
2着 バトルボーン 2人気
3着 フライライクバード 9人気
4着 スパイダーゴールド 5人気
5着 グリューネグリーン 7人気
6着 ブラックマジック 12人気
7着 グランスラムアスク 11人気
8着 シルトホルン 3人気
9着 シュヴァリエローズ 6人気
10着 カレンシュトラウス 10人気
11着 レインフロムヘヴン 4人気
12着 パクスオトマニカ 8人気