28日、東京競馬場2Rで行われた新馬戦(3歳・ダ1400m・16頭)は、ハナを切ってそのまま逃げ切った石川裕紀人騎手騎乗の2番人気ウンガイソウテン(牡3、美浦・田村康仁厩舎)が、11番人気ノーブルゲイル(牡3、美浦・中川公成厩舎)に2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分28秒1(良)。

 さらに3馬身差の3着に5番人気カルネヴァーレ(牝3、美浦・菊沢隆徳厩舎)が入った。なお、1番人気レーウィン(牡3、栗東・上村洋行厩舎)は4着に、3番人気シューンカイゼリン(牝3、美浦・伊藤圭三厩舎)は6着に終わった。

 勝ったウンガイソウテンは、父ダノンレジェンド、母タイムトゥラン、その父ブライアンズタイムという血統。

【勝ち馬プロフィール】
◆ウンガイソウテン(牡3)
騎手:石川裕紀人
厩舎:美浦・田村康仁
父:ダノンレジェンド
母:タイムトゥラン
母父:ブライアンズタイム
馬主:ビッグレッドファーム
生産者:PRIDEROCK

【全着順】
1着 ウンガイソウテン 2人気
2着 ノーブルゲイル 11人気
3着 カルネヴァーレ 5人気
4着 レーウィン 1人気
5着 レターフロムパリ 7人気
6着 シューンカイゼリン 3人気
7着 ケイツートラール 9人気
8着 イロンデル 6人気
9着 バロックパール 10人気
10着 ウェルキン 13人気
11着 ボールジー 14人気
12着 カールマジ 8人気
13着 デフィニトリー 4人気
14着 アノヒノアヤマチ 15人気
15着 ミストブレイカー 12人気
16着 キイモップアップ 16人気