28日、京都競馬場5Rで行われた新馬戦(3歳・芝2000m・13頭)は、2番手追走から直線での競り合いを制した池添謙一騎手騎乗の2番人気パシフィックルート(牡3、栗東・高野友和厩舎)が、ハナを切った1番人気ジャスティンダイス(牡3、栗東・吉岡辰弥厩舎)にアタマ差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分03秒6(良)。

 さらに3/4馬身差の3着に6番人気ゴトク(牡3、栗東・西村真幸厩舎)が入った。なお、3番人気オランジェロ(牝3、栗東・今野貞一厩舎)は7着に終わった。

 勝ったパシフィックルートは、父ロードカナロア、母ファンディーナ、その父ディープインパクトという血統。母は2017年のフラワーCの勝ち馬で、同年の皐月賞では1番人気に支持された。

【勝ち馬プロフィール】
◆パシフィックルート(牡3)
騎手:池添謙一
厩舎:栗東・高野友和
父:ロードカナロア
母:ファンディーナ
母父:ディープインパクト
馬主:ターフ・スポート
生産者:谷川牧場

【全着順】
1着 パシフィックルート 2人気
2着 ジャスティンダイス 1人気
3着 ゴトク 6人気
4着 サラトガチップス 4人気
5着 メイショウマドロス 8人気
6着 バンデルアース 5人気
7着 オランジェロ 3人気
8着 ヴァイゼ 10人気
9着 チェルビック 9人気
10着 アマントアスク 11人気
11着 ヤルヤン 7人気
12着 クラウンファラデー 12人気
13着 ケイティガイア 13人気