28日、東京競馬場5Rで行われた新馬戦(3歳・芝1800m・16頭)は、好位追走から直線での競り合いを制した杉原誠人騎手騎乗の5番人気マルコタージュ(牝3、美浦・小島茂之厩舎)が、外から並んできた3番人気ルージュランブル(牝3、美浦・萩原清厩舎)にハナ差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分50秒1(良)。

 さらに2馬身差の3着に2番人気タッカーライジング(牝3、美浦・古賀慎明厩舎)が入った。なお、1番人気ブリージョドラード(牡3、栗東・中内田充正厩舎)は4着に終わった。

 勝ったマルコタージュは、父ドゥラメンテ、母プロヴィナージュ、その父フレンチデピュティという血統。

【勝ち馬プロフィール】
◆マルコタージュ(牝3)
騎手:杉原誠人
厩舎:美浦・小島茂之
父:ドゥラメンテ
母:プロヴィナージュ
母父:フレンチデピュティ
馬主:社台レースホース
生産者:社台ファーム

【全着順】
1着 マルコタージュ 5人気
2着 ルージュランブル 3人気
3着 タッカーライジング 2人気
4着 ブリージョドラード 1人気
5着 マリガーネット 6人気
6着 モアナフリューゲル 8人気
7着 ダイユウファリーナ 7人気
8着 モルトマエストーソ 9人気
9着 キョウエイフロイデ 12人気
10着 スターリーシー 15人気
11着 ジェームズテソーロ 11人気
12着 スカイブライトネス 10人気
13着 インパルス 4人気
14着 ダイタクロノス 16人気
15着 ブルーアルドール 13人気
16着 ミヤビアストレア 14人気