28日、小倉競馬場で行われたくすのき賞(3歳・1勝クラス・ダ1700m)は、好位追走から直線で抜け出した亀田温心騎手騎乗の3番人気シークレットキー(牡3、栗東・杉山晴紀厩舎)が、早め進出から一旦は先頭に立った4番人気ヘルモーズ(牡3、栗東・小林真也厩舎)に3/4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分47秒0(稍重)。

 さらに1/2馬身差の3着に1番人気パフ(牡3、栗東・橋口慎介厩舎)が入った。なお、2番人気カンジ(牡3、美浦・武井亮厩舎)は7着に終わった。

 勝ったシークレットキーは、父ドレフォン、母キープシークレット、その父ダイワメジャーという血統。初ダートの前走は8着だったが、2戦目のここで見事巻き返した。

【勝ち馬プロフィール】
◆シークレットキー(牡3)
騎手:亀田温心
厩舎:栗東・杉山晴紀
父:ドレフォン
母:キープシークレット
母父:ダイワメジャー
馬主:シルクレーシング
生産者:ノーザンファーム

【全着順】
1着 シークレットキー 3人気
2着 ヘルモーズ 4人気
3着 パフ 1人気
4着 オーケーカルメン 10人気
5着 タケノシンセイ 9人気
6着 ブリーズオンチーク 5人気
7着 カンジ 2人気
8着 バルミーウェザー 6人気
9着 ワキノノーブル 7人気
10着 メイショウトム 8人気