マスクトディーヴァに注目したい。リバティアイランドを除けば4歳牝馬ではトップクラスの馬。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■2/4(日) 東京新聞杯(4歳上・GIII・東京芝1600m)

 マスクトディーヴァ(牝4、栗東・辻野泰之厩舎)は昨秋のローズSを強烈な末脚でレコード勝ち。秋華賞はリバティアイランドに敗れたが、それ以外の馬と比べれば世代では抜けていると言っても過言ではない。初のマイル戦だが、母系を考えると良い方に出る可能性も十分。今年の飛躍に向けて好スタートを切りたいところ。鞍上は岩田望来騎手。

 ジャスティンカフェ(牡6、栗東・安田翔伍厩舎)は昨秋のマイルCSで3着。直線に向いた時は突き抜けるかと思うような手応えで健闘した。昨年は4着だったが、明らかにパワーアップしている今なら十分に勝ち負けに持ち込める。鞍上は坂井瑠星騎手。

 その他、NHKマイルC2着以来の出走も能力高いウンブライル(牝4、美浦・木村哲也厩舎)、昨年の覇者ウインカーネリアン(牡7、美浦・鹿戸雄一厩舎)、同舞台でリバティアイランドを負かしたラヴェル(牝4、栗東・矢作芳人厩舎)、休み明けを叩かれた実力馬サウンドビバーチェ(牝5、栗東・高柳大輔厩舎)なども好走圏内。発走は15時45分。