ビザンチンドリームに注目したい。新馬戦しか使われていないが、魅力を感じる勝ちっぷり。大器の可能性も十分だ。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■2/4(日) きさらぎ賞(3歳・GIII・芝1800m)

 ビザンチンドリーム(牡3、栗東・坂口智康厩舎)の新馬戦は、ゲートで煽りながら出て後方からの競馬になったが、4角手前で一気に進出すると、その勢いのままに直線は上がり3F33.9秒の脚で一気に突き抜けた。これは阪神の内回りでのタイムだから凄い。スケールを感じさせる勝ちっぷりで、ここで無傷の重賞制覇なるか。鞍上はR.ピーヒュレク騎手。

 ヴェロキラプトル(牡3、栗東・高野友和厩舎)はホープフルSで10着も、逃げて終始絡まれ、さらに2着馬に早めに交わされては仕方がないだろう。2戦目で控えて勝ったように、溜めることができれば巻き返しも十分。鞍上は西村淳也騎手。

 その他、東京スポーツ杯2歳Sで3着のファーヴェント(牡3、栗東・藤原英昭厩舎)、シンザン記念3着のウォーターリヒト(牡3、栗東・河内洋厩舎)、若駒S3着のブエナオンダ(牡3、栗東・須貝尚介厩舎)、新馬勝ちの良血馬シヴァース(牡3、栗東・友道康夫厩舎)、ホープフルS8着から京都で巻き返しを期するインザモーメント(牡3、栗東・田中克典厩舎)なども好走の圏内。発走は15時35分。