昨年のローズSを制し、秋華賞で2着だったマスクトディーヴァ(牝4、栗東・辻野泰之厩舎)が、東京新聞杯(4歳上・GIII・芝1600m)で重賞2勝目を狙う。

 マスクトディーヴァは父ルーラーシップ、母マスクオフ、母の父ディープインパクトという血統。祖母は01年のスワンSなど重賞を3勝したビハインドザマスク。近親には07年ヴィクトリアマイルを制したコイウタを筆頭に、サンライズソアやアグネスアーク、ユラノトなどの活躍馬が並ぶ。

 ここまで5戦3勝。前々走のローズSでは中団から突き抜け、1分43秒0のJRAレコードで重賞初制覇。続く秋華賞も早め先頭のリバティアイランドを1馬身差まで追い詰めて、負けて強しの2着だった。キャリアは僅かに5戦、しかも成長力が武器のルーラーシップ産駒だけに、今年こそはGIタイトルがターゲットとなる。

 今回は初のマイル戦だが牡馬相手でもきっちりと結果を出し、来たる春のGI戦線に弾みを付けたい。