元厩務員の経歴を持つ敏腕記者・スポーツニッポン田井秀一氏が29日、netkeibaTV『前走から一変! 好調馬体チョイス』に出演。来月4日(日)に東京競馬場で行われる東京新聞杯(4歳上・GIII・芝1600m)出走馬の中から、馬体・状態が大きく変わってきた好走期待馬について解説した。

 田井氏は2頭の名前を挙げたが、マスクトディーヴァ(牝4、栗東・辻野泰之厩舎)について、「秋華賞のパドックではリバティアイランドに遜色ない迫力を誇示していた好馬体の持ち主」、「今回も馬体を大きく見せている」と解説。究極仕上げだった秋華賞時にはまだまだおよばないとしたが、「腰をグイっと持ち上げた立ち姿は、好調の馬にはよく見られるものです」と仕上がりを評価した。

 今回がキャリア初のマイル戦だが、「三冠牝馬に迫った鬼脚を生み出した臀部の筋肉は容量がパワーアップ。これなら初のマイルでも爆発力の面では対応できるでしょう」と田井氏。秋華賞の内回りコースでは本領を発揮できていなかったとして、「東京に替わるのは間違いなくプラスでしょう。春のヴィクトリアマイルに向けて負けられない一戦です」とまとめた。



【関連記事】