今週の日曜日は、京都競馬場できさらぎ賞(GIII・芝1800m)が行われます。

 過去10年では、前走で朝日杯FS出走馬が[1-0-2-3]、ホープフルS出走馬が[1-1-1-3]とGI組が好結果を残しています。とくにホープフルS組は、馬券圏外になった3頭のうち2頭も4着惜敗で侮れません。

 そして今年もホープフルSの8、10着馬が参戦します。ちなみに22年のマテンロウレオは、ホープフルS6着から巻き返して優勝しており、両馬とも一変する可能性は少なくないかもしれません。ただし、馬券になったホープフルS組の3頭は、いずれもきさらぎ賞が中京開催時。京都開催にもどった今年も連動するのか、細心の注意が必要でしょう。

「人気馬を素直に信頼して良いかわからない」、「穴をあけそうな人気薄の馬が知りたい」。そんな時に役立つのが、ケシウマの予想バイブル『パーフェクト消去法』です。過去のデータから導き出した消去法で、あなたの馬券検討をサポートします。

 昨年のきさらぎ賞では、【注目の穴馬】のクールミラボーが6人気3着でした。今週も、ケシウマの【注目の穴馬】にご期待ください!

 ここでは、上位人気が予想される馬の死角となりそうなデータをひとつ紹介します。

【条件】前走新馬戦で4角3番手以下
[0-0-0-8]複勝率0%
該当馬:シヴァース、ビザンチンドリーム
(過去の主な該当馬:22年フォースクエア5人気6着、21年ダノンジェネラル4人気7着)

※特に言及のない限り、データは過去10年間を対象にしている。なお、21〜23年は中京芝2000mで開催。

 前走で新馬戦出走馬は、過去10年で[1-1-0-12]とやや低調。とくに4角3番手以下だった馬は、相手強化でポジションを落とす可能性もあり、強くは推しにくい。凡走した8頭のうち5頭が当日1〜5人気でもあり、人気先行タイプの可能性も高そうです。

 上位人気が予想されるシヴァースとビザンチンドリームが消去データに該当しました。

 どちらも、過去10年で[6-8-4-17]と複勝率51.4%の高数値を残しているノーザンファーム生産馬です。また2頭と前走では、[3-8-2-14]で複勝率48.1%の上がり1位を記録していました。かなり好走確率の高そうなプロフィールだけに人気が集まるのも当然でしょうが、だからこそ逆に、過去傾向に従って評価を割り引いてみる手はありそうです。

 はたして、ケシウマはどんな消去データを提示してくるのか。重賞レースの参考として、公開中の『パーフェクト消去法』を是非お役立てください。


ケシウマの予想を見る