2/3(土)は東京・京都・小倉の3場開催。2日正午の馬場発表は東京、京都共に芝良・ダート良、小倉は芝・ダート共に稍重となっている。3日の天気は東京が晴れ時々曇り、京都が曇りのち晴れ、小倉が曇り時々雨の予報となっている。

■アルデバランSでオーサムリザルトの無傷5連勝なるか
 京都11Rはダート1900mのアルデバランS(OP)。ここまで4戦4勝でまだ底を見せていないオーサムリザルトの無傷5連勝なるかに注目が集まる。対するはオープンで3着→2着と堅実に走っているハピ、前走で連勝は途切れたが叩かれて巻き返しを狙うアスクドゥラメンテ、昇級初戦の前走カノープスSで2着のテーオーリカードなど。

■エルフィンSでライトバックの末脚に注目
 京都10Rは3歳牝馬による芝1600mのエルフィンS(L)。新馬戦で強烈な末脚を披露し、2戦目のアルテミスSでも4着に入ったライトバックが中心か。対するは好時計で未勝利戦を勝ったエリカエスティーム、萩Sで3着のギヴイットアゴー、新馬戦を速い上がりで差し切ったチルカーノなど。

■JCベストレース記念でダノンギャラクシーの連勝なるか
 東京11Rは芝2400mのJCベストレース記念(3勝)。脚部不安で1年5カ月ぶりのレースを圧勝したディープインパクト産駒のダノンギャラクシーが連勝を伸ばすか。対するはステイヤーズS5着のキングズレインなど。

■橿原Sは上位拮抗
 京都9Rはダート1200mの橿原S(3勝)。現級で2着・3着と善戦している快速ドンアミティエがここを押し切るか。それとも末脚堅実なタマモダイジョッキが差し切るか、昇級初戦のボナンザが一気に突破するか。上位が拮抗したレース。

■春菜賞は混戦模様
 東京9Rは3歳牝馬による芝1400mの春菜賞(1勝)。新馬勝ちのコースで巻き返しを狙うアトリウムチャペル、小倉2歳Sで3着のキャンシーエンゼル、クランフォードの先行力にも注目したい。

■かささぎ賞は道悪巧者のシュークリームに注目
 小倉9Rは3歳馬による芝1200mのかささぎ賞(1勝)。雨が残りそうな馬場で、道悪巧者のシュークリームに注目したい。その他、紅梅S3着のクリノハレルヤ、当該条件で一変したロードトレゾールなど。

■東京5Rの新馬戦でシンハライトの仔セイロンジェムズなどがデビュー
 東京5Rは芝1600mの新馬戦。16年オークスを制したシンハライトの仔セイロンジェムズが鞍上・C.ルメール騎手でデビューする。

■石神深一騎手らが節目の勝利までわずか
 嶋田純次騎手はJRA通算100勝まであと3勝で、本日は東京で2鞍に騎乗。石神深一騎手は通算200勝まであと3勝で、本日は小倉で2鞍に騎乗する。