17年の日本ダービー馬のレイデオロが5日に10歳の誕生日を迎えた。そこで現役時代、そして種牡馬としての軌跡を振り返りたい。

 レイデオロは14年2月5日、北海道安平町のノーザンファームで生まれた。父はキングカメハメハ、母は4勝を挙げてオープンまで出世したラドラーダ。祖母のレディブロンドも5歳夏のデビューからわずか4カ月で6戦5勝の成績を残した活躍馬。その半弟にはディープインパクトやブラックタイドがいる。

 名門・藤沢和雄厩舎から2歳10月にデビューすると、無傷の3連勝でホープフルS(当時はGII)を制覇。クラシックの主役候補に名乗り出た。年が明けて、始動戦の皐月賞は5着に終わったものの、大目標の日本ダービーを早め先頭から押し切って、世代の頂点に立った。スローペースを嫌い、向正面で早めに進出したC.ルメール騎手の好騎乗は語り草となっている。古馬となって4歳時に天皇賞(秋)も制覇。20年から社台スタリオンステーションで種牡馬となった。

 産駒は今年1月までにJRAで79頭がデビューしている。当初は苦戦が続いたが、中距離戦が増えるにつれて結果を出し始め、15頭が勝ち上がり。アドマイヤテラ、トロヴァトーレ、ペッレグリーニの3頭が2勝目を挙げている。1500m以下では25戦0勝と不振なのに対し、2000mでは57戦して[9-3-6-39]の好成績。また、これまでに勝ち上がった15頭は全て牡馬で、牝馬は27頭がデビューして未勝利となっている。そういった意味では非常に特徴的な種牡馬といえるだろう。

 現役時代のライバルであり、種牡馬として同期のスワーヴリチャードにはリードを許す形となっているが、まだ戦いは始まったばかり。クラシックが近づくにつれて、距離延長を味方に台頭する馬が増えることを期待したい。