3日、京都競馬場で行われたアルデバランステークス(4歳上・オープン・ダ1900m)は、スタート一息で道中は後方から、3-4コーナーで前に取りついて直線の競り合いを制した武豊騎手騎乗の1番人気オーサムリザルト(牝4、栗東・池江泰寿厩舎)が、直線で内を突いて脚を伸ばした2番人気ハピ(牡5、栗東・大久保龍志厩舎)に3/4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分57秒4(良)。

 さらに3馬身差の3着に6番人気ゼットリアン(牡4、栗東・吉田直弘厩舎)が入った。なお、3番人気アスクドゥラメンテ(牡5、栗東・藤原英昭厩舎)は8着に終わった。

 勝ったオーサムリザルトは、父Justify、母Blossomed、その父Deputy Ministerという血統の米国産馬。これで新馬戦、1勝クラス、2勝クラス、晩秋S(3勝クラス)に続く無傷の5連勝となった。

【勝ち馬プロフィール】
◆オーサムリザルト(牝4)
騎手:武豊
厩舎:栗東・池江泰寿
父:Justify
母:Blossomed
母父:Deputy Minister
馬主:インゼルレーシング
生産者:Orpendale/Chelston/Wynatt

【全着順】
1着 オーサムリザルト 1人気
2着 ハピ 2人気
3着 ゼットリアン 6人気
4着 サクラアリュール 8人気
5着 タイセイドレフォン 5人気
6着 ヴィジョンオブラヴ 10人気
7着 テーオーリカード 4人気
8着 アスクドゥラメンテ 3人気
9着 ヒロイックテイル 9人気
10着 ハギノアトラス 12人気
11着 スマートサニー 7人気
12着 メイショウドヒョウ 11人気