2/4(日)は東京・京都・小倉の3場開催。4日の天気は東京が雨のち晴れ、京都が曇り時々晴れ、小倉が曇り時々雨の予報となっている。

■東京新聞杯で秋華賞2着のマスクトディーヴァがマイル初挑戦
 東京11Rは芝1600mの東京新聞杯(GIII)。ローズSをレコードで圧勝し、秋華賞でリバティアイランドに0.1秒差まで迫ったマスクトディーヴァが初のマイル戦に挑む。対するは、昨秋のマイルCSで3着のジャスティンカフェ、前走大敗からの巻き返しが期待されるコナコースト、前走大敗も見限れないホウオウビスケッツなど。

■ビザンチンドリームがきさらぎ賞で無傷2連勝を狙う
 京都11Rは芝1800mのきさらぎ賞(GIII)。新馬戦を後方から強烈な末脚で勝ったビザンチンドリームが連勝で重賞制覇を狙う。対するは東京スポーツ杯2歳Sで3着のファーヴェント、良血馬シヴァース、ホープフルS10着からの巻き返しを狙うヴェロキラプトルなど。

■小倉日経OPは8歳馬ダンディズムがV候補
 小倉11Rは芝2000mの小倉日経OP(OP)。前々走で福島記念2着のダンディズムがここなら主役級と言えるだろう。8歳馬でも勝ち負けが期待される。対するは前走で復調気配が見られたライトクオンタム、前走で4角13番手から差し切り勝ちでオープン入りしたハーランズハーツなど。

■令月Sで4戦連続2着のスマートフォルスが決めるか
 京都10Rはダート1200mの令月S(OP)。オープンで4戦連続2着のスマートフォルスがここで決めるか。前走が快勝のクロジシジョー、59キロでも力上位のデュアリストなども上位争いの圏内。

■白嶺Sでコスタノヴァがオープン入りを狙う
 東京10Rはダート1600mの白嶺S(3勝)。コスタノヴァは前走で2勝クラスをあっさりとクリアした。3勝クラスのここも突破してオープン入りなるか。対するは2連勝でここへ臨むミファヴォリート、前走が好時計で強い勝ち方だったエルゲルージなど。

■山城Sでアサカラキングが3連勝でのオープン入りに挑む
 京都9Rは芝1400mの山城S(3勝)。アサカラキングは気性的に勝ち切れないところがあったが、距離を詰めて一変。一気に2連勝した。まだ伸びしろがあり、ここも一気に突破なるか。対するは前走が好内容で2着のレベレンシアなど。

■ゆりかもめ賞にホープフルSで4着のアドミラルシップが登場
 東京9Rは芝2400mのゆりかもめ賞(1勝)。ホープフルSで4着のアドミラルシップが自己条件、距離延長で2勝目を狙う。対するは黄菊賞2着のウールデュボヌール、福島の新馬戦を勝ったクラッシファイド、ホープフルS12着からの巻き返しを期するウインマクシマムなど。

■京都5Rの新馬戦で良血馬が多数デビュー
 京都5Rは芝1600mの新馬戦。16年ヴィクトリアマイルなどGI・3勝を挙げたストレイトガールの半弟アスクストライクや、08年有馬記念などGI・4勝を挙げたダイワスカーレットの最後の仔グランスカーレット、17年有馬記念などGI・7勝を挙げたキタサンブラックの半弟シュガークン、17年オークスと16年阪神JFを勝ったソウルスターリングの仔スターリングアップなど良血馬が多数デビューする。

■東京5Rの新馬戦で2億6400万円のジーティーパワーなどがデビュー
 東京5Rは芝1800mの新馬戦。20年シンザン記念を勝ったサンクテュエールの半妹アルドール、セレクトセールで2億6400万円(税込み)のジーティーパワー、叔母にGI・9勝のアーモンドアイがいるパンドジェーヌなどがデビューする。

■地方競馬で2重賞
 佐賀競馬で18時15分に飛燕賞が行われ、前走の佐賀若駒賞では4連勝で重賞を初制覇したトゥールリーが5連勝と重賞連勝を狙う。また、帯広競馬場では翔雲賞が18時30分に行われる。

■酒井学騎手らがバースデー
 酒井学騎手は本日が44歳の誕生日で、京都で8鞍に騎乗する。鮫島良太騎手は本日が37歳の誕生日で、京都で1鞍に騎乗する。亀田温心騎手は本日が23歳の誕生日で、小倉で2鞍に騎乗する。

■高野友和調教師、小栗実調教師がバースデー
 高野友和調教師は本日が48歳の誕生日。管理馬は京都で2頭、小倉で2頭がスタンバイしている。小栗実調教師は本日が37歳の誕生日。管理馬は京都で1頭、小倉で2頭がスタンバイしている。