4日、小倉競馬場5Rで行われた新馬戦(3歳・芝2000m・12頭)は、スタート一息も道中ポジションを上げて直線で突き抜けた富田暁騎手騎乗の1番人気ジャスティンガルフ(牡3、栗東・安田翔伍厩舎)が、内で脚を伸ばした10番人気メイショウカイコン(牡3、栗東・千田輝彦厩舎)に2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分05秒6(重)。

 さらに1.3/4馬身差の3着に3番人気オトコギアンパン(牡3、栗東・小栗実厩舎)が入った。なお、2番人気テーオーマーシャル(牡3、栗東・高柳大輔厩舎)は5着に終わった。

 勝ったジャスティンガルフは、父エピファネイア、母ポールポジション2、その父Pivotalという血統。

【勝ち馬プロフィール】
◆ジャスティンガルフ(牡3)
騎手:富田暁
厩舎:栗東・安田翔伍
父:エピファネイア
母:ポールポジション2
母父:Pivotal
馬主:三木正浩
生産者:三嶋牧場

【全着順】
1着 ジャスティンガルフ 1人気
2着 メイショウカイコン 10人気
3着 オトコギアンパン 3人気
4着 マベルシュシュット 7人気
5着 テーオーマーシャル 2人気
6着 ダノンウィルヘルム 5人気
7着 ラブカ 12人気
8着 デイトゥリメンバー 4人気
9着 ゴーダンシング 11人気
10着 トンボ 6人気
11着 オーケーミネルバ 9人気
12着 エイジランナー 8人気