4日、京都競馬場5Rで行われた新馬戦(3歳・芝1600m・17頭)は、好位追走から直線で抜け出した川田将雅騎手騎乗の2番人気ワールズエンド(牡3、栗東・池添学厩舎)が、外から追い上げてきた1番人気シュガークン(牡3、栗東・清水久詞厩舎)に1馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分36秒9(良)。

 さらに1馬身差の3着に7番人気ビダーヤ(牡3、栗東・矢作芳人厩舎)が入った。なお、3番人気ブリックワーク(牝3、栗東・辻野泰之厩舎)は4着に終わった。

 勝ったワールズエンドは、父ロードカナロア、母リラヴァティ、その父ゼンノロブロイという血統。母は2016年のマーメイドSを制した。おばに2016年のオークス馬シンハライトがいる。

【勝ち馬プロフィール】
◆ワールズエンド(牡3)
騎手:川田将雅
厩舎:栗東・池添学
父:ロードカナロア
母:リラヴァティ
母父:ゼンノロブロイ
馬主:キャロットファーム
生産者:ノーザンファーム

【全着順】
1着 ワールズエンド 2人気
2着 シュガークン 1人気
3着 ビダーヤ 7人気
4着 ブリックワーク 3人気
5着 スターリングアップ 8人気
6着 アイビーブリッツ 11人気
7着 メイショウミリオレ 9人気
8着 リルト 6人気
9着 グランスカーレット 4人気
10着 マイネルコモドーア 15人気
11着 アスクストライク 12人気
12着 バイアスペクター 14人気
13着 サウンドイヴォーク 5人気
14着 カイトワザアリ 16人気
15着 ルージュチルル 10人気
16着 ウォーターリッシュ 13人気
17着 テイエムスマック 17人気