4日、京都競馬場で行われた令月ステークス(4歳上・オープン・ダ1200m)は、中団追走から直線で各馬を差し切った西村淳也騎手騎乗の2番人気クロジシジョー(牡5、栗東・岡田稲男厩舎)が、逃げ粘った5番人気ヴァガボンド(牡6、栗東・清水久詞厩舎)に3/4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分11秒0(良)。

 さらにアタマ差の3着に3番人気サトノテンペスト(牡6、栗東・高橋亮厩舎)が入った。なお、1番人気スマートフォルス(牡4、栗東・吉村圭司厩舎)は6着に終わった。

 勝ったクロジシジョーは、父フリオーソ、母サイレンスラヴ、その父スペシャルウィークという血統。前走のジャニュアリーSに続くオープン特別2連勝を飾った。

【勝ち馬プロフィール】
◆クロジシジョー(牡5)
騎手:西村淳也
厩舎:栗東・岡田稲男
父:フリオーソ
母:サイレンスラヴ
母父:スペシャルウィーク
馬主:河内孝夫
生産者:増尾牧場

【全着順】
1着 クロジシジョー 2人気
2着 ヴァガボンド 5人気
3着 サトノテンペスト 3人気
4着 ナムラフランク 4人気
5着 メイショウミツヤス 9人気
6着 スマートフォルス 1人気
7着 レッドゲイル 7人気
8着 ボイラーハウス 11人気
9着 メイショウカズサ 10人気
10着 デュアリスト 6人気
11着 タイセイアベニール 12人気
12着 アッティーヴォ 15人気
13着 メイショウミライ 13人気
14着 メディーヴァル 14人気
15着 オセアダイナスティ 16人気
16着 ドグマ 8人気