4日、東京競馬場で行われた第74回東京新聞杯(4歳上・GIII・芝1600m)は、中団追走から直線で各馬を差し切ったR.キング騎手騎乗の7番人気サクラトゥジュール(牡7、美浦・堀宣行厩舎)が、逃げ粘った4番人気ウインカーネリアン(牡7、美浦・鹿戸雄一厩舎)に1馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分32秒1(良)。

 さらにクビ差の3着に8番人気ホウオウビスケッツ(牡4、美浦・奥村武厩舎)が入った。なお、1番人気マスクトディーヴァ(牝4、栗東・辻野泰之厩舎)は6着に、2番人気ジャスティンカフェ(牡6、栗東・安田翔伍厩舎)は12着に、3番人気ウンブライル(牝4、美浦・木村哲也厩舎)は9着に終わった。

 勝ったサクラトゥジュールは、父ネオユニヴァース、母サクラレーヌ、その父シンボリクリスエスという血統。前走の中山金杯では12着に敗れていたが、得意の東京コースで見事巻き返し重賞初制覇を果たした。

【勝ち馬プロフィール】
◆サクラトゥジュール(牡7)
騎手:R.キング
厩舎:美浦・堀宣行
父:ネオユニヴァース
母:サクラレーヌ
母父:シンボリクリスエス
馬主:さくらコマース
生産者:谷岡牧場

【全着順】
1着 サクラトゥジュール 7人気
2着 ウインカーネリアン 4人気
3着 ホウオウビスケッツ 8人気
4着 アスクコンナモンダ 11人気
5着 マテンロウスカイ 6人気
6着 マスクトディーヴァ 1人気
7着 アヴェラーレ 5人気
8着 ルージュリナージュ 13人気
9着 ウンブライル 3人気
10着 トゥードジボン 10人気
11着 フリームファクシ 14人気
12着 ジャスティンカフェ 2人気
13着 ドルチェモア 16人気
14着 サウンドビバーチェ 12人気
15着 ダノンタッチダウン 15人気
16着 コナコースト 9人気