ディープインパクト産駒のプラダリア(牡5、栗東・池添学厩舎)が、京都記念(4歳上・GII・芝2200m)で重賞3勝目を狙う。

 プラダリアは父ディープインパクト、母シャッセロール、母の父クロフネという血統。ここまで14戦3勝。3歳時の青葉賞で重賞初制覇。23年の日経新春杯と京都記念で3着に入り、前々走の京都大賞典で2つ目のタイトルを獲得した。前走の有馬記念では自身初の2桁着順に崩れたが、着差は僅かに1秒0。GIIの今回は当然、巻き返しが期待できる。

 ディープインパクト産駒でJRAのGIかGIIを3年連続で制した馬は、達成が古い方から順にジェンティルドンナ、サトノダイヤモンド、ダノンプレミアム、フィエールマン、グランアレグリア、ダノンキングリー、ダノンファンタジー、コントレイルの8頭。このうちGIIのみとなるとサトノダイヤモンド、ダノンファンタジーの2頭しかいない。プラダリアがディープインパクト産駒では3頭目の偉業達成となるか、その走りから目が離せない。