サフィラ(牝3、栗東・池添学厩舎)が、クイーンカップ(3歳牝・GIII・芝1600m)で重賞初制覇を狙う。

 サフィラは父ハーツクライ、母サロミナ、母の父Lomitasという血統。母は12年の独オークス馬。全兄サリオスは19年の朝日杯FSなど重賞4勝を挙げ、昨年から種牡馬になっている。また、半姉サラキアは20年府中牝馬Sを制し、有馬記念で2着の実績馬。同じくサリエラも22年のローズSで2着になるなど、重賞戦線で活躍している。

 ここまで4戦1勝。2戦目の未勝利戦(阪神芝1800m)を大外一気で圧勝。続くアルテミスSはチェルヴィニアに屈したものの、力を示す2着だった。前走の阪神JFは4着だったが、牝馬同士なら世代トップレベルの実力馬であることは間違いない。

 始動戦となる今回、アルテミスSと同じ東京芝1600mが舞台となるのは好材料だ。何が何でも賞金加算が求められる一戦。サリオス、サラキアに続くきょうだい3頭目の重賞制覇を果たし、春の大舞台に弾みを付けたい。