良血馬ルージュエヴァイユ(牝5、美浦・黒岩陽一厩舎)が、京都記念(4歳上・GII・芝2200m)で重賞初制覇を狙う。

 ルージュエヴァイユは父ジャスタウェイ、母ナッシングバットドリームズ、母の父Frankelという血統。母は未出走だが、祖母のデインドリームは11年の凱旋門賞覇者。12年にはキングジョージVI世&クイーンエリザベスSを制し、史上初両レースを制した牝馬となっている。

 ここまで11戦4勝。23年エプソムCで牡馬相手に2着と健闘すると、続く府中牝馬Sでは上がり3F32秒7の末脚を繰り出し、ディヴィーナからハナ差2着。2回目のGIチャレンジとなった前走のエリザベス女王杯でも、勝ったブレイディヴェーグと3/4馬身差の2着に肉薄した。惜敗続きではあるが、ハーツクライ系らしい成長力を示し、今まさに充実期といった雰囲気だ。

 今回もベラジオオペラやプラダリアなどの強敵が揃ったが、もう銀メダルはいらない。春のGI戦線に弾みをつけるためにも、まずは悲願の初タイトル獲得といきたい。