現地時間2月17日(土)にカタール・ドーハのアルライヤン競馬場で行われるアミール・トロフィー。日本からはサトノグランツ(牡4、栗東・友道康夫厩舎)やゼッフィーロ(牡5、栗東・池江泰寿厩舎)、ノースブリッジ(牡6、美浦・奥村武厩舎)の3頭が参戦する。

 当レースはカタール国内におけるG1だが、国際競走としてはG3。今月行われる国際招待競走「アミール・スウォード・フェスティバル」のメインレースにあたり、最も高額な賞金を設定している。その総賞金は250万米ドルで1着は142万5000米ドル。2着が55万米ドルで3着は27万5000米ドルにのぼる。

 同じ中東では、世界最高賞金レースとしてサウジCが知られるが、サウジカップデーのG3・レッドシーターフハンデキャップは、総賞金250万米ドルとアミール・トロフィー並み。しかし、同じサウジカップデーでもG3のサウジダービーやリヤドダートスプリントは150万米ドルと3分の2程度で、1着賞金は90万ドルとなっている。また今年からG2格上げが発表され、賞金が増額された同日のネオムターフカップと1351ターフスプリントでも総賞金200万米ドル。高額賞金で知られる中東のレースと比較しても“大盤振る舞い”であることが分かる。

 そのほか3月末に行われるドバイワールドカップデーのG3競走・ゴドルフィンマイルやドバイゴールドカップ、UAEダービーいずれも総賞金100万ドル。1着賞金は58万ドルと設定されている。参考までに日本のGIIIにおける1着賞金は4000万円前後。レートにもよるが、アミール・トロフィーでは約5倍前後の賞金を獲得できる計算になる。つまりアミール・トロフィーは国際G3として破格の賞金レースだといってよいだろう。

 昨年は地元馬ではなく香港のロシアンエンペラーが制したアミール・トロフィー。今年は日本馬が栄冠を手にするか、各馬の走りが楽しみだ。