北海道安平町の社台スタリオンステーションで6日「社台スタリオンパレード(種牡馬展示会)2024」が開催された。この日展示されたのは新種牡馬イクイノックス、シュネルマイスター、グレナディアガーズの3頭ほか、サイアーランキングの上位常連となっているロードカナロア、エピファネイア、キズナ、あるいは昨年デビューした初年度産駒が大活躍したスワーヴリチャードなど、同スタリオンステーションが誇る豪華ラインナップ29頭。

 新種牡馬3頭の紹介には現役時代の管理調教師である木村哲也調教師、手塚貴久調教師、中内田充正調教師も駆けつけて、それぞれ現役時代の思い出などを交えながら、応援メッセージを送った。

 同スタリオンステーション繋養種牡馬で、24年に初年度産駒をデビューさせるのはサートゥルナーリア、アドマイヤマーズ、シスキン、ルヴァンスレーヴ、ナダルの5頭。