チャレンジCを制したベラジオオペラ(牡4、栗東・上村洋行厩舎)が、京都記念(4歳上・GII・芝2200m)で重賞3勝目を狙う。

 ベラジオオペラは父ロードカナロア、母エアルーティーン、母の父ハービンジャーの血統。母は1勝馬だが、祖母のエアマグダラは4勝馬。さらに曾祖母のエアデジャヴーは98年のクイーンSの覇者で、牝馬3冠でも桜花賞が3着、オークスが2着、秋華賞が3着と健闘した。そして、その半弟のエアシャカールは00年の皐月賞と菊花賞を制している。

 ここまで6戦4勝。新馬、セントポーリア賞、スプリングSと無傷の3連勝で重賞初制覇。皐月賞では10着と初黒星を喫したが、日本ダービーでタイム差なしの4着に健闘し、世代トップレベルの能力を示した。その後は夏負けもあってレース間隔が空いたが、始動戦のチャレンジCで2つ目のタイトルを獲得。初対戦となる古馬を倒し、今後への自信となる勝利だった。

 今回はGIIとあって前走に比べると骨っぽいメンバー構成となった。とはいえ、春のGIを目指す上では通過点にしなければいけない一戦。今後へ期待が膨らむ走りを期待したい。