日曜小倉9Rのあすなろ賞(3歳・1勝クラス・芝2000m)は隠れた出世レースだ。過去の勝ち馬には皐月賞馬のエポカドーロを筆頭に、アドマイヤデウスやエキストラエンド、マウントロブソンやファルコニアなど、後の重賞勝ち馬がズラリと並ぶ。先々につながるという意味では、小倉大賞典にも負けない冬の小倉の大一番といえる。

 今年の主役はサトノシュトラーセ(牡3、栗東・友道康夫厩舎)だ。前々走の未勝利(京都芝2000m)を5馬身差で圧勝。前走の京都2歳Sは先団外から渋太く脚を使い、0秒1差の3着だった。しかも勝ったのが続くホープフルSで2着のシンエンペラー、4着が同じく京成杯を制したダノンデサイルだから価値大。自己条件の今回は負けられない一戦となる。

 これに続くのがオールナット(牡3、栗東・高野友和厩舎)だ。前走の京都2歳Sは番手から甘くなり、サトノシュトラーセに先着を許しての7着。ただ、当時は先行馬に厳しいペースだったので、展開や立ち回り一つで差は詰まるだろう。GIを2勝したショウナンパンドラの半弟という血統構成からも、まだまだ見限れない存在だ。

 他にも札幌2歳Sで1番人気だったガイアメンテ(牡3、栗東・須貝尚介厩舎)、中京で新馬勝ちのミッドナイトホーク(牡3、栗東・四位洋文厩舎)など、将来性溢れる馬が顔をそろえた。どの馬が冬の小倉からクラシックに飛躍するのか、是非注目してほしい。