2月10日(土)は東京・京都・小倉の3場開催。9日正午の馬場発表は東京が芝良・ダート稍重、京都が芝・ダート共に良、小倉が芝・ダート共に稍重となっている。10日の天気は3場共に晴れの予報となっている。

■クイーンCでサフィラが重賞初制覇を狙う
 東京11Rは芝1600mのクイーンC(GIII)。サフィラは阪神JFで4着。外の差しが不利だった馬場を考えるとむしろ強い内容と言えるだろう。ここで重賞初制覇を狙う。対するはグレナディアガーズの半妹で未勝利戦の勝ちっぷりが強かったクイーンズウォーク、ナミュールの半妹で新馬戦を快勝したアルセナールなど。

■洛陽Sは適距離のドゥアイズが主役
 京都11Rは芝1600mの洛陽S(L)。ドゥアイズはオークス9着、秋華賞10着と敗れていたが、距離を詰めたリゲルSで2着と好走。同じくマイル戦のここは好勝負必至だろう。対するは脚部不安明けのリゲルSで3着だったエスコーラ、NHKマイルC5着以来のレースとなる実績馬カルロヴェローチェなど。

■雲雀Sでレイベリングがオープン入りを狙う
 東京10Rは芝1400mの雲雀S(3勝)。休み明けの前々走で惨敗も、前走で即巻き返したレイベリングが、ここで勝ってオープン入りを狙う。対するは1400m巧者のマンドローネ、ヴェルトハイム、レガトゥスなど。

■飛鳥Sでエアサージュのオープン入りなるか
 京都10Rは芝2000mの飛鳥S(3勝)。エアサージュは西宮Sで後に中山金杯を勝つリカンカブールとアタマ差の2着、2走前の修学院Sでは後に愛知杯を勝つミッキーゴージャスと0.2秒差の2着と、後の重賞勝ち馬相手に健闘。堅実で、ここを勝ってオープン入りが期待される。

■こぶし賞でタガノデュードがオープン入りを目指す
 京都9Rは3歳馬による1600mのこぶし賞(1勝)。タガノデュードは未勝利勝ちから臨んだ前走の朝日杯FSで5着と健闘。一戦ごとに成長していて、ここは確実に勝ち上がりたいところだ。対するはデイリー杯2歳Sで3着のナムラフッカー、こうやまき賞3着のオフトレイル、白梅賞2着のカエルムなど。

■東京2Rの新馬戦でセイウンハーデスの半弟ゲーベルなどがデビュー
 東京2Rはダ1400mの新馬戦。セイウンハーデスの半弟ゲーベル、調教の動きが良いファストフィールなどがデビューする。

■川田将雅騎手らが節目の勝利までわずか
 川田将雅騎手はJRA通算2000勝まであと3勝で、本日は東京で4鞍に騎乗。嶋田純次騎手はJRA通算100勝まであと3勝で、本日は東京で1鞍に騎乗。石神深一騎手は通算200勝まであと3勝で、本日は小倉で2鞍に騎乗する。

■菊沢隆徳調教師、牧光二調教師がバースデー
 菊沢隆徳調教師は本日が54歳の誕生日。管理馬は東京で2頭、小倉で1頭がスタンバイしている。牧光二調教師は本日が51歳の誕生日。管理馬は東京で4頭がスタンバイしている。