10日、東京競馬場2Rで行われた新馬戦(3歳・ダ1400m・16頭)は、中団追走から直線で突き抜けた原優介騎手騎乗の11番人気カフェニクス(牝3、美浦・中舘英二厩舎)が、好位から脚を伸ばした5番人気アピーリングルック(牝3、美浦・辻哲英厩舎)に1馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分25秒2(良)。

 さらに1/2馬身差の3着に1番人気グランメドウ(牡3、栗東・藤岡健一厩舎)が入った。なお、2番人気ファストフィール(牡3、美浦・菊川正達厩舎)は8着に、3番人気ゲーベル(牡3、栗東・渡辺薫彦厩舎)は4着に終わった。

 勝ったカフェニクスは、父サンダースノー、母ルミエールカフェ、その父マンハッタンカフェという血統。

【勝ち馬プロフィール】
◆カフェニクス(牝3)
騎手:原優介
厩舎:美浦・中舘英二
父:サンダースノー
母:ルミエールカフェ
母父:マンハッタンカフェ
馬主:西川光一
生産者:三嶋牧場

【全着順】
1着 カフェニクス 11人気
2着 アピーリングルック 5人気
3着 グランメドウ 1人気
4着 ゲーベル 3人気
5着 レゲエビーチ 4人気
6着 プリンセスサクラ 15人気
7着 シンガプーラ 7人気
8着 ファストフィール 2人気
9着 ギャップウェッジ 8人気
10着 チャコールアニー 12人気
11着 グラスフェロー 10人気
12着 ウルトラハニー 9人気
13着 フジサンワイシーシ 13人気
14着 デリングシチー 6人気
15着 マイネルメダリオン 14人気
16着 サンライトムゲン 16人気