2月11日(日)は東京・京都・小倉の3場開催。11日の天気は東京が晴れのち曇り、京都が晴れ時々雨、小倉が晴れ時々雨の予報となっている。

■共同通信杯に昨年のJRA最優秀2歳牡馬ジャンタルマンタルが登場
 東京11Rは芝1800mの共同通信杯(GIII)。昨年の朝日杯FSを無傷の3連勝で制し、JRA最優秀2歳牡馬に輝いたジャンタルマンタルが登場する。対するは朝日杯FS2着で、1800m2勝と距離延長が良い方へ出そうなエコロヴァルツ、新馬戦を快勝したベラジオボンド、ジャスティンミラノなど。また、ショーマンフリート、ミスタージーティーの巻き返しにも注目が集まる。

■京都記念でベラジオオペラが重賞連覇を狙う
 京都11Rは芝2200mの京都記念(GII)。前走のチャレンジCで重賞2勝目を挙げたベラジオオペラが登場。距離も日本ダービー4着で目処が立っていて、ここは重賞連覇が期待される。対するは青葉賞・京都大賞典とGII・2勝のプラダリア、エリザベス女王杯で2着のルージュエヴァイユ、連勝の勢いがあるブレイヴロッカーなど。

■北山Sでミラクルティアラが巻き返す
 京都10Rはダ1800mの北山S(3勝)。ミラクルティアラの前走は出遅れが全て。それでも5着まで追い上げたように能力は高い。本来の先行策で押し切りを計る。ショウナンライシンは条件戦を2連勝。勢いがあり、この相手でも十分通用しそうだ。他、前走でクラスへの目処が立ったアスクビックスター、昇級戦も前走が強かったサンデーファンデーなど。

■バレンタインSは距離短縮のペースセッティングに注目
 東京10Rはダート1400mのバレンタインS(OP)。距離短縮でペースセッティングが本領発揮。初オープン勝利なるか注目したい。対するは適条件で巻き返しが濃厚なコンシリエーレ、近2走が好内容のレッドヴェイロン、昇級初戦も連勝の内容が強いワールズコライドなど。

■北九州短距離Sはひと叩きされたゾンニッヒが中心
 小倉11Rは芝1200mの北九州短距離S(OP)。休み明けの淀短距離Sで3着のゾンニッヒがひと叩きされた効果で押し切るか。対するは小倉巧者のタマモブラックタイ、更に距離短縮が良い方に出るか注目のバルサムノートなど。

■初音Sはホウオウラスカーズの巻き返しを期待
 東京9Rは芝1800mの初音S(3勝)。馬場の良い東京でホウオウラスカーズの巻き返しなるか。対するは休み明けを叩かれたカーペンタリア、前走が好内容の2着だったヘッズオアテールズ、前走の勝ちっぷりが良かったルージュアルルなど。

■あすなろ賞はサトノシュトラーセが中心
 小倉9Rは3歳馬による芝2000mのあすなろ賞(1勝)。サトノシュトラーセは前走の京都2歳Sで3着。レベルが高かったレースで、ここでは実績上位と言える。対するは新馬戦が強かったガイアメンテ、展開が有利になりそうなオールナット、新馬の勝ちっぷりが良かったミッドナイトホークなど。

■東京4Rの新馬戦にララベルの仔ビスクウィザードが登場
 東京4Rはダ1600mの新馬戦。17年JBCレディスCを勝ったララベルの仔ビスクウィザードが鞍上C.ルメール騎手で登場する。同レースには半兄にダートで5勝のヴァルツァーシャルがいるレイズトワイライトも登場。鞍上は横山武史騎手。

■地方競馬で2重賞
 高知競馬で18時15分にだるま夕日賞が行われ、前走がユメノホノオと0.1秒差のガルボマンボなどが出走する。また、帯広競馬場では黒ユリ賞が18時25分に行われる。