10日、小倉競馬場8Rで行われた4歳上1勝クラス(4歳上・1勝クラス・芝2000m)で、佐々木大輔騎手騎乗の2番人気タイキラフター(牡4、美浦・大竹正博厩舎)が第1着となった。これでハーツクライ産駒のJRA通算勝利数は1,528勝となり、フジキセキの持つJRA通算1,527勝の記録を抜き、産駒のJRA通算勝利数で単独第6位となった。

 ハーツクライは父サンデーサイレンス、母アイリッシュダンス、その父トニービンという血統で、現役時代は05年有馬記念と06年ドバイシーマクラシック(首G1)を制覇。有馬記念は1歳年下の3冠馬ディープインパクトを破っての戴冠で、日本馬として唯一の同馬に先着した馬となった。

 種牡馬としても大活躍。日本ではアドマイヤラクティ、ジャスタウェイ、ワンアンドオンリー、ヌーヴォレコルト、シュヴァルグラン、スワーヴリチャード、リスグラシュー、タイムフライヤー、サリオス、ドウデュースらを送り出した。また、昨年はコンティニュアス(Continuous)が英セントレジャー(英G1)を制している。2023年に22歳で死亡。21年生まれの産駒が最終世代となる。

(JRAのホームページより)