11日、京都競馬場3Rで行われた新馬戦(3歳・ダ1800m・14頭)は、好位追走から直線で先頭に立って押し切った池添謙一騎手騎乗の2番人気ガウラスパーク(牡3、栗東・高柳大輔厩舎)が、2着の10番人気ラジエーション(牝3、栗東・新谷功一厩舎)に1.3/4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分55秒3(良)。

 さらに1/2馬身差の3着に4番人気エナアニマル(牡3、栗東・吉田直弘厩舎)が入った。なお、1番人気ダノンザボルケーノ(牡3、美浦・菊沢隆徳厩舎)は6着に、3番人気タガノフルチャンス(牡3、栗東・平田修厩舎)は5着に終わった。

 勝ったガウラスパークは、父ロジャーバローズ、母ガウラミディ、その父フリオーソという血統。

【勝ち馬プロフィール】
◆ガウラスパーク(牡3)
騎手:池添謙一
厩舎:栗東・高柳大輔
父:ロジャーバローズ
母:ガウラミディ
母父:フリオーソ
馬主:村上憲政
生産者:岡田牧場

【全着順】
1着 ガウラスパーク 2人気
2着 ラジエーション 10人気
3着 エナアニマル 4人気
4着 バンリイックウ 8人気
5着 タガノフルチャンス 3人気
6着 ダノンザボルケーノ 1人気
7着 ライペニング 5人気
8着 デルママントラ 14人気
9着 サンマルキングダム 12人気
10着 トウエンノチカイ 9人気
11着 ゴールドラン 13人気
12着 リアルカラー 6人気
13着 ポートカルタヘナ 7人気
14着 ワイドマイスター 11人気
出走取消 サテフィカ