2月12日、佐賀競馬場で佐賀記念(JpnIII、ダート2000m)が行われる。今年はJBCが佐賀競馬場で初開催されるとあって、それを見据えて出走を決めた陣営もいる注目の一戦。昨年は福永祐一騎手(当時)がバーデンヴァイラーで勝ち、ジョッキー生活最後の重賞制覇を飾った。

 では、今年の有力馬を見ていこう。

 中心は安定感抜群のグランブリッジだろう。これまでは牝馬限定のダートグレード路線を歩み、エンプレス杯(JpnII)など重賞4勝。前走は牡馬混合の名古屋グランプリ(JpnII)でディクテオンから2馬身差の2着と力を見せた。好位〜中団から直線は確実に伸びる馬。距離も守備範囲で、佐賀のダートグレード6勝を挙げる川田将雅騎手が手綱をとるのも心強い。

 メイショウフンジンは先手を取れると強さを発揮できる馬で、枠の並びを見ると外の数頭は序盤から出して行かないだろうから、少なくとも2番手外にはつけられそう。逃げられれば白山大賞典(2着)のようにかなりの粘り腰を発揮する。

 ケイアイパープルは22年のこのレースを勝っているように小回り2000m以上のレースで実績を残す。佐賀記念はリピーターレースであることも頭に入れておきたい。

 ノットゥルノは22年ジャパンダートダービー勝ちや、昨年のJBCクラシック2着などが示すように広い大井コースでの好走が目立つ馬。それだけに小回りの佐賀コースがどうかだが、のびのびと走れそうな8枠11番に入ったことは好材料だ。

 マンダリンヒーロー(大井)は昨年の地方競馬を盛り上げた1頭。アメリカのサンタアニタダービーに遠征し僅差の2着に入ると、急遽予定を変更してケンタッキーダービー参戦を決めた。結果は残念ながら12着だったが、地方競馬から海外レース制覇の夢を見せてくれた。帰国後は重賞を3戦しいずれも2着。勝利は手にできていないが、ダービーグランプリ(盛岡)では無敗の南関東三冠馬ミックファイアをかわす勢いだった。初の古馬戦でどこまで上位に食い込めるか。

 地元からはヒストリーメイカーに注目。JRA時代にはのちにドバイワールドCを制したウシュバテソーロから2馬身半差2着に入ったことがあり、佐賀移籍後も重賞2勝を挙げる。地元・佐賀の重賞ではしばらく結果を残せていなかったが、レース中盤から逃げの手に出た中島記念を完勝。同じく逃げた前走も余裕の勝利で、地元不安説をすっかり払拭した。

 また、4歳馬ブレイブアモーレも末脚確実で侮れない。

 過去10年すべてでJRA馬が1-3着を独占中の佐賀記念。今年はそこにマンダリンヒーローやヒストリーメイカーなど地方馬が食い込むかどうか。

 なお、当日の佐賀競馬場はイベント盛りだくさん。地方競馬初のアイドルグループ「UMATENA」のプレデビューステージや、YouTube「SAGAリベンジャーズ」のMCでおなじみの優希乃さんによる誘導馬騎乗もみどころ。さがけいばYouTubeチャンネルでは東京オリンピック出場選手から個人レッスンを受ける様子も公開されている。また、レース前に放映されるアタック映像も佐賀記念当日の第1レースからリニューアル映像が流れる予定。

 佐賀記念は2月12日佐賀10レース、18時15分発走予定。ぜひご注目を。

(大恵陽子)

netkeiba×佐賀競馬攻略DX

◇佐賀競馬攻略情報をまとめて紹介


全レース予想印を無料公開中!