テーオーロイヤルに注目したい。一昨年の覇者で、今年の面子では実績が抜けている。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■2/17(土) ダイヤモンドS(4歳上・GIII・東京芝3400m)

 テーオーロイヤル(牡6、栗東・岡田稲男厩舎)は約一年ぶりの出走となったアルゼンチン共和国杯で10着に敗れたが、続くステイヤーズSでは即巻き返して2着。一昨年の覇者で、今年はメンバーも手薄。同レース2勝目が期待される。鞍上は菱田裕二騎手。

 サリエラ(牝5、美浦・国枝栄厩舎)はエリザベス女王杯6着以来のレースとなるが、ここに入ると実績上位。スタミナも豊富で、ここで初重賞制覇を狙う。鞍上はC.ルメール騎手。

 その他、ステイヤーズS4着のワープスピード(牡5、美浦・高木登厩舎)、昨年2着のヒュミドール(セ8、美浦・小手川準厩舎)、条件が合いそうなハーツイストワール(牡8、美浦・国枝栄厩舎)なども好走の圏内。発走は15時45分。