西村淳也騎手がフェブラリーステークス(4歳上・GI・ダ1600m)のイグナイター(牡6、兵庫・新子雅司厩舎)でJRA・GI初制覇を狙う。

 西村淳也騎手は18年デビューの24歳。これまでJRAで通算332勝。昨年は76勝を挙げて全国リーディング8位となり、自身初のベスト10入りを果たした。重賞は8勝。GIは15回騎乗して23年安田記念のガイアフォース、同年マイルCSのエルトンバローズの4着が最高着順となっている。

 悲願のGI初制覇を目指し、フェブラリーSではイグナイターとコンビを組む。昨年のJBCスプリント覇者で、2年連続地方年度代表馬に選出。主戦の笹川翼騎手が騎乗できないこともあって、初タッグを組むことが決定した。心強いパートナーを得て、GIジョッキーの仲間入りとなるか。その手綱捌きに注目となる。