東京競馬場では今週末、GIシリーズの幕開けを飾るフェブラリーステークス(4歳上・GI・ダ1600m)が行われる。99年には岩手のメイセイオペラが勝利し、地方所属馬として初めてかつ、現在まで唯一となるJRA・GI制覇を達成。本稿では、同レースに参戦して健闘(5着以内)を見せた“地方の雄”たちを紹介する。

■96年5着(※当時GII) 船橋・アマゾンオペラ

 デビューから15戦連続で連対し、95年の帝王賞ではダート王者ライブリマウントの2着に入った。フェブラリーSでは7番手からしぶとく脚を伸ばして掲示板を確保。ホクトベガなどにはおよばなかったが、3頭出走していた地方馬の中で最先着している。

■99年1着、00年4着 岩手・メイセイオペラ

 南関東の雄アブクマポーロとともに、20世紀末のダート路線を彩った名馬。99年の当レースを2馬身差で圧勝し、現在まで唯一となる地方所属馬によるJRA・GI制覇を達成した。翌年には再び府中に見参。超ハイペースを果敢に先行し、見せ場十分の4着だった。

■02年2着 船橋・トーシンブリザード

 羽田盃、東京ダービー、東京王冠賞を制して無敗三冠馬に輝くと、勢いそのままにジャパンダートダービーも単勝元返しで勝利。骨折明けの東京大賞典で連勝はストップしたものの、続くフェブラリーSではアグネスデジタルを追い詰め、2着に入っている。

■02年5着 岩手・トーホウエンペラー

 デビューから少しずつ実績を積み、5歳時から各地のダートグレード競走を転戦。01年には南部杯で2着に入り、暮れの東京大賞典を制した。翌年のフェブラリーSでは、先行して粘りこみ5着。トーシンブリザードとともに、強力JRA勢相手に気を吐いた。

■04年4着 笠松・ミツアキタービン

 3歳秋から本格化の兆しを見せ、暮れには中京の香嵐渓特別(1000万下)に参戦して4馬身差で圧勝した。前哨戦の平安Sこそ6着だったが、フェブラリーSでは2番手からしぶとく食い下がって4着。12番人気の伏兵評価を覆して、あわやのシーンを演出した。

■11年2着 船橋・フリオーソ

 生涯でダートGI級競走6勝を挙げた地方を代表する名馬。直前の川崎記念も単勝元返しの支持に応えて圧勝していた。スタートでアオって後方からの競馬を余儀なくされたが、直線はただ一頭するどく追い込み、トランセンドから1馬身半差の2着に入った。

 今年のフェブラリーSには、JBCスプリント覇者イグナイター、無敗の南関東三冠馬ミックファイア、重賞9勝を誇るスピーディキックと地方馬が3頭参戦する。いずれの馬も実績は豊富。99年メイセイオペラ以来、25年ぶりとなる“快挙”を期待したい。