レース史上はじめての初ダートVなるか。フェブラリーステークス(4歳上・GI・ダ1600m)でシャンパンカラー(牡4、美浦・田中剛厩舎)とガイアフォース(牡5、栗東・杉山晴紀厩舎)の2頭がダートに初挑戦する。

 冬のダート王決定戦のフェブラリーSだが、これまで芝馬の参戦がなかったわけではない。いや、むしろ多くの芝馬が挑んできたというべきだろう。97年のGI昇格以降、このレースが初ダートだった馬は実に18頭。しかしながら馬券に絡んだのは01年トゥザヴィクトリーの1頭のみである。

 今年の2頭も実績は申し分ない。シャンパンカラーは昨年のNHKマイルC覇者。ドゥラメンテ産駒にはドゥラエレーデやアイコンテーラーなど、芝ダート二刀流の活躍馬が多く、この馬もダート適性があって不思議ない。そして、むしろダート向きの可能性すら感じさせるのがガイアフォース。硬めのフットワーク、母が南関東のダート重賞戦線で活躍したナターレ、そして母の父がクロフネという血統構成は、ここまで芝路線を歩んできたことが意外なほど。新天地で大輪の花を咲かせるシーンは十分にある。

 データの壁、さらには歴戦のダート馬の壁を突き破り、歴史的勝利を挙げられるか。2頭のチャレンジから目が離せない。

【フェブラリーSが初ダートだった馬の成績】カッコ内はレース前の主な実績
・97年12着マイネルブリッジ(95年NHK杯、福島記念、96年有馬記念3着)
・98年11着ブレーブテンダー(97年アーリントンC、NHKマイルC2着)
・98年16着イナズマタカオー(96年中京記念など重賞3勝)
・99年9着ビッグサンデー(97年スプリングSなど重賞3勝、98年マイルCS2着)
・00年9着シンボリインディ(99年NHKマイルC)
・00年13着キングヘイロー(99年中山記念など重賞3勝、GIで2着2回)
・01年3着トゥザヴィクトリー(00年阪神牝馬特別など重賞3勝、99年オークス2着)
・07年16着オレハマッテルゼ(06年高松宮記念、京王杯SC)
・08年15着ヴィクトリー(07年皐月賞)
・10年7着ローレルゲレイロ(09年高松宮記念、スプリンターズSなど重賞4勝)
・10年10着リーチザクラウン(09年きさらぎ賞、日本ダービー2着)
・10年12着レッドスパーダ(10年東京新聞杯、09年NHKマイルC2着)
・10年15着スーパーホーネット(08年毎日王冠など重賞4勝、GIで2着3回)
・12年12着グランプリボス(10年朝日杯FS、11年NHKマイルCなど重賞3勝)
・12年14着スマイルジャック(08年スプリングSなど重賞3勝、08年日本ダービー2着)
・13年11着ガルボ(12年東京新聞杯など重賞3勝)
・13年15着カレンブラックヒル(12年NHKマイルCなど重賞3勝)
・17年16着デニムアンドルビー(13年フローラS、ローズS、GIで2着2回)