良血馬サリエラ(牝5、美浦・国枝栄厩舎)が、ダイヤモンドステークス(4歳上・GIII・芝3400m)で重賞初制覇を狙う。

 サリエラは父ディープインパクト、母サロミナ、母の父Lomitasという血統。母は12年独オークスの覇者。半兄サリオスは19年の朝日杯FSなど重賞4勝。全姉のサラキアは20年に府中牝馬Sを勝ち、エリザベス女王杯と有馬記念で2着となっている。

 ここまで7戦3勝。22年ローズSが2着、23年目黒記念で3着と重賞でも好走した実績がある。前走のエリザベス女王杯は6着とはいえ、上がり3F最速をマークして勝ち馬から0秒3差と、決して悲観する内容ではなかった。今年こそは重賞はもちろん、GIに手が届いても不思議ない実力を秘めている。

 これまでダイヤモンドSを制した牝馬は53年のタカハタ、80年のプリテイキャスト、88年ダイナブリーズの3頭しかいない。サリエラが平成以降初の36年ぶりとなる牝馬Vを果たし、春の大舞台に飛躍することを期待したい。